「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> おれおれ詐欺の党に注意  NO.48

<田吾作の声>NO.48
 冷雨が妙に体に応える。道行く人の歩きもどことなく元気がないようだ。ところがテレビの映し出す社会は消費も食欲も旺盛で何か別世界のようだ。この視覚乖離が的外れでないことが証明された。安倍政治の中で貧富の二極化が進行していることを東京新聞が報道していた。株価上昇で個人資産の増大する層がいる反面で250円の格安弁当に群がる人の数が多いと鮮やかな対比を描いてみせた。雇用情勢が改善されたとシンゾウは言うが、非正規労働者が増えただけでしかもその収入は減っているのだからまやかしそのものである。正に格差社会が確実に進んでいることの図である。
 シンゾウは「アベノミクス解散で国民の信を問う」と言うのだから呆れる。早速始まった政策論争を聞くと成果が出ていない第三の矢である成長戦略に絞られ矮小化されている。第一の矢「大胆な金融緩和」や第二の矢「財政出動」は是とした組み立てだから共感が持てる訳がない。株価上昇にしても世界の投資ファンドを喜ばせただけで景気が良くなったとの幻想に過ぎないが、御用マスコミが振り付けして報道するから国民の問題意識は眠りこまされる。このままでは財政赤字が増えるだけの結末はまともな人間なら予測できる。
 問題は時代認識が誤っていることに起因すると気づくべきである。誰しもが、景気が高度成長時代のようになることを期待するし、期待したい。だがそれはあり得ないことを認識し夢から醒め現を注視することだ。各党の論戦を聞いていると、出来得ないことを出来ると主張する詐欺師たちのバトルのようだ。「おれの党は出来る」と言っている空虚な詐欺競争に過ぎない。特に自公と維新、次世代は酷い。新たな詐欺に注意喚起が必要だ。
(2014.11.25) 
スポンサーサイト
コメント
No title
「消費税上げない」の民主党、「県外移設」の仲井真知事、「TPP反対」の安倍政権。
選挙て詐術を競い合う、詐欺師コンテストみたいですね。
騙されても、一度目は「悪いヒトに騙された」で済むけど、
二度目は「自分はアホだ」てことになる。
これは受け入れ難いもの、棄権もしたくなりますわ。
2014/11/25(火) 12:15 | URL | みうら #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR