「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声>愛国主義の崖 NO.46

<田吾作の声> NO.46
 2年半ぶりに日中首脳「会談」が行われた。マスメディアはトップに取り上げたが、実態は会議とは言い難く顔合わせ程度の、中国側からすれば社交儀礼であることが見てとれた。日本側の各種ルートを通しての必死の懇願や仲介したアメリカの顔を立てたという背景を物語っていて、仕方なく「面談」に応じた形だ。それは如実に現在の日中間の力量の違いをみせつけられる場ともなった。
 このような屈辱的な映像を見たネトウヨの心中が察せられる。彼らが尊敬してやまないシンゾウ総理自らの心の中も。一方では小笠原周辺での中国船のサンゴ略奪行為は止まないのだから、特段愛国を意識しない国民でも歯ぎしりする思いだろう。偽りの愛国主義は国を滅ぼすという箴言を改めて思い出した。中国の盗人漁民を取り締まることより、面談を優先させざるを得なかったシンゾウ一派の罪は大きい。何せ彼らがことある度に口にする「日本の名誉」が著しく損なわれているのにこの有様だから。それでも今後も慰安婦は強制ではなかった、南京虐殺事件は誇張だなどと言い張るのだろうか。
 国家としての威信の低下が皮肉にも戦後レジームの脱却を掲げた安倍内閣が登場してからが甚だしいのだからお笑い草だ。間違った理念にせよ、戦後の見直しはアメリカとの関係見直しが前提条件になるが、そこは現行通りで戦争犯罪だけは無しにするというのだから各国と摩擦が起きるのは必然だ。問題は彼らがこの程度の矛盾さえ見極められない知能の持ち主であることでより深刻である。今後も米中両国から日本は見下されるだろう。
 強面でやや逸ノ城似の習近平とシンゾウが並んだ映像を見たら、有名な天皇とマッカーサーの写真を連想して仕舞った。
(2014.11.11)
スポンサーサイト
コメント
No title
あ、珍しくネトウヨに言及してる~(笑)
彼らのいう愛国心て「映像を見て屈辱を感じる」ようなシロモノでしょうか。
嗜虐性を刺激してスッキリしたいだけ、て思ってます、自分。
2014/11/11(火) 15:55 | URL | みうら #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR