「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<みうらのま> 民族のトラウマ

ユダヤ人とホロコースト
 ユダヤ人による国際的金融支配という話を聞くと連想する場面がある。
 「夜と霧」(ヴィクトール・フランクル)の最後の数ページ。アウシュビッツでの凄惨な体験の終わりに拍子抜けするような、のどかな田園風景。収容所から解放された友人が、畑を踏み荒らして横断していく。それを制止する著者に友人は「何を言ってるんだ、私達がどんな目にあったか分かっているのか」と反論する。
 心理学者でもある著者によるこのラストシーンは、時系列上の最終場面であるばかりではなく、全体を締めくくるには、あまりに陳腐な出来事であり、陳腐であり過ぎるために、何か象徴的な意味が込められているような気がして、いつまでも私の記憶に引掛かっている。

靖国と天災
 私は無神論者ではないけれど、誰かが語る特定の神様が信じられるわけでもない。死後の世界も同様で、故人の気持など知る術もなく、想像するより他ない。そんな私が靖国に眠る英霊の皆さんのお気持を慮るに、彼らは天皇の人間宣言に対しては、かなり怒ってるんじゃないか、と。
 「平和の礎」などと、持ち上げてみても、霊が怒っていれば、すなわち怨霊なわけで、その怨念の合計は菅原道真ひとり分より大きい、と推量する。であれば天満宮同様、どうしても鎮魂目的の施設として靖国神社が必要になることに合点がいく。
 だけれども、A級戦犯合祀以来、天皇陛下はお見限りだし、やってくる政治家は再び戦争をしたくて仕方がないような連中ばかりでは、英霊の皆様も「逆さ箒」の心境ではなかろーか。いや、道真公の怨霊ですら、雷神と化し、天に満ちるくらいだから、最近の天災ってのは、英霊の祟りなのではないかしらん。

原発と巨大カルデラ
 「巨大カルデラ噴火」というのを先日の新聞で知った。日本列島全体が灰に被われてしまう、てんだからスケールが大きい。神戸大学の巽好幸教授と鈴木桂子准教授の発表によれば、日本列島の巨大カルデラ噴火は12万年前から、少なくとも10回起きたことが分かっているので、今後100年間に巨大カルデラ噴火が起こる確率は1%てことになる。
 「巨大カルデラ噴火」が起れば日本列島の国民は全滅、54機の原発も制御不能になる。過去に数十万人の日本人の生命を奪った米利堅製の爆弾、今度は日本製の原子力で、全人類を道連れに、世界史にピリオドを打つのかな。
 恐怖を植えつけられた潜在意識というのは度し難いもの。ホロコーストがユダヤ人による世界の金融支配を産んだように、ヒロシマ・ナガサキの原爆の怨念は、国土を弾薬にして、地球に自爆テロを仕掛ける現在の日本を産み出したんじゃなかろーか、なんて。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR