「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> 遺跡を軽視した歴史観

田吾作の声 NO.35

縄文中期の遺跡発掘調査を視察する機会があった。山梨の諏訪原遺跡で昭和女子大の学生が炎天下で作業する様を眼前にし感動を覚えた。歴女という言葉が近頃使われ出したが彼女たちはまさしくそれで、歴史も知らずに朝鮮人差別に腐心するヘイトスピーカーどもとは真面目さに於いて大違いだ。小生が縄文文化に関心を抱いたのは3年位前からで、東北の歴史を知る中で原日本人としての縄文人をより知りたくなったのが動機である。

弥生文化との関連、日本人への精神面での影響など興味の幅は広がるが、民族としてではなく、国境を越えたコスモポリタンとしての縄文人への興味が一番だ。現在の理解の範囲で縄文人の特徴は、自然と共生する自由人というのが答えだ。先輩氏に教えて頂いたのだが土器をとっても非対称性という高度なものだし、単純に後世の弥生文化が優れているという見方には同意できない。

その日は同じ山梨県の釈迦堂遺跡博物館にも寄ることが出来た。中央高速道の建設工事中に発掘された土器や土偶が展示されていてその迫力に圧倒された。かって何回も中央道を利用しながら博物館の存在自体を知らなかった己の無知が恥ずかしかった。館側の計らいでまだ整理途中のものが何千とある倉庫を見せて貰ったのだが、山積みとなっている未修復のものを前にすると驚きと同時にこの国の貧困な文化行政への怒りを禁じえなかった。予算の都合がつかず放置されたままにされているのだ。ここだけで重要文化財と指定されたものが1000以上に達するという。

新自由主義的な考え方が国の政策に蔓延し、直ぐに結果が求められ長期的な時間が必要な基礎的学問分野は軽視されている。こうした現場にも悪影響が出ているのだ。

2014.824)

スポンサーサイト
コメント
No title
釈迦堂遺跡博物館、サービスエリアから直接入れて便利ですよね。
甲府盆地を一望しながら、1万年前の風景を想像しちゃいます。
2014/08/25(月) 11:15 | URL | みうら #LkZag.iM[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR