「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声> アンネの涙 

田吾作の声 NO.29
 イスラエル軍のガザ侵略でパレスチナ人の死者が300人を超えたという。マスコミは例によって、双方の武力衝突はやまずとか暴力の応酬だとか、さも公平を装って報道している。アメリカから最新兵器を供与されて質的には世界一の戦力を保持し、しかも原爆を保持するイスラエルと同等の力がパレスチナ側にある訳がない。誤った報道が現地の残虐性をカムフラージュすることになる。力任せに弱い者をなぶりものにするリンチ行為に対して、普通ならば命乞いし無抵抗で黙り込むところを、パレスチナの民は泣いて逃げ惑っても絶対に音を上げない。60年以上も不条理を忍び闘ってきた彼らは月並みな言葉だが死をも恐れない。そのことがイスラエルを一層の狂気に駆り立てる。数年後の憎しみの連鎖に恐怖するためだろう。
 過去の歴史ではパレスチナ制圧の作戦が長く続くとイスラエル兵の中に精神異常をきたす者が出てきたとの話があった。それは同じ人間を虫けら同然に扱う行為が、僅かに残っていた人間性を呼び戻したに違いない。皮肉なことにユダヤ人虐殺を手懸けたナチス兵の中にも同じ傾向が見られたという。だが、一神教のファシスト国家イスラエルは国全体が狂気の中にあるのだから、今の方針を転換することはあり得ない。
 繰り返す蛮行を止めるには国際的な世論しかないが、ユダヤ人がコントロールしているアメリカはイスラエルの後押しを強めてもそうした労はとらない。EU諸国は国内には必ずイスラエル批判の行動は起こるが何故か広がらない。その背景にナチス時代のユダヤ人迫害への痛切な反省があるからだ。かくしてイスラエルの無法行為は際限なく続く。それはあたかもアンネフランクに守られているかのように。
                                (2014.7.20)
スポンサーサイト
コメント
No title
「反撃が怖いから攻撃が止められない」てんなら、「一人残らず」てなっちゃいますよね。
憎しみの連鎖は、恐怖の連鎖でもあるんすねえ。
2014/07/20(日) 20:03 | URL | みうら #-[ 編集]
すべては武器で儲ける仕組みに
アフガニスタン、イラク、ウクライナ…
安倍総理も何だか武器で儲ける仕組みを作ろうとしている?
2014/07/21(月) 21:35 | URL | 大豆麦 #QgwqXRqc[ 編集]
No title
バルフォア宣言の頃のイギリスのいわゆる「三枚舌外交」ホントに罪深いと思います。なのに今ではアメリカがメインの悪役でイギリスにはそれほど風当たりが強くない印象。今はもう以前のような力はない国なのでスミマセン的な態度が許せないです(^^;)自分で種をまいた責任を感じてぜひ解決の音頭取りしてほしいところ
2014/07/24(木) 12:23 | URL | anndue #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR