「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<anndueの瀉>「維新の会じゃございません、一新の会です」(*1)

 民主党政権時代、アノ忌まわしき菅仙石岡田前原枝野安住らが政権奪取の功労者小沢さんへの国策捜査に乗じ党内クーデターで実権を握っていた頃。小沢さんが党に留まっている以上は(将来の復権の可能性鑑み)民主党を応援するしかないが、自分が党員登録したり選挙で民主党候補を応援するのはクーデター組を利するようで癪だなぁと思っていた時に日本一新の会の存在を知った。同会が民主党の外側から現職議員や候補者のうち小沢寄りの人を「公認」することで(*2)クーデター組への支持との峻別・差別化を図れたりしないかと夢想したのが入会のきっかけでした。

 その後「国民の生活が第一」が結党されたのでそうした懸念もなくなったのですが、衆参選挙で生活の党(及びオリーブを期待された諸党)は惨敗。さぁてどうしよう非力な自分に何ができるかとアレコレ考えたりした時期もあったのですが(*3)、安倍政権に対し心底コリゴリしないと世間の風向きは変わらいだろうし安倍様におかれましては政治生命の搾りかす一滴さえも残さず「実力」を思う存分発揮してもらうのが寧ろいいかなぁと今は半分諦めというか開き直りというかケセラセラというか、な心境です(*4)。

 そもそも日本の現状の政治制度そのもの(制度自体というより官僚主義・人治主義的な「運用」の部分か)への諦観が最近とみに強く、永田町や霞が関を変えていくために政治家や政党等に働きかけていくといった本道の政治活動に実は殆ど期待していないのが率直なところです(*5)。
 寧ろこちらから政治を「シカト」すると言うか、(拙稿「おカネ雑感」 http://nipponissintama.blog.fc2.com/blog-entry-366.html と若干カブりますが)国のおカネを我々庶民(所謂「99%」)に回してくれなくて大いに結構、庶民同士の繋がり(それこそ「自立と共生」)でおカミとおカネ抜きで生活成り立たせます、だから税金も殆ど払えません、そちらはお役人の知恵でやりくりして国家運営ゴッコを内輪でどうぞご勝手に、という感じで日本の国土にいながらにして永田町霞が関界隈から「独立」すると言うか(*6) 国が棄民するならこっちから棄「国」してやらァ的な方向に行くほうがまだ近道なんじゃないかとさえ思う始末です。

 なので、日本一新の会が今後「公」の政治を変え得るような動き(の一助)をできるのが勿論最善ですが、それが叶わずともワタシ的には会員やその周辺の「私」の繋がりが広まればそれだけでも十分、とユルく考えてしまっています(*7)。気合いの足りない会員で恐縮ですが…(^^;)
 その上で、小沢さんや亀井さんや鈴木ムネさん、ヤッシーはじめ尊敬できる政治家(バッジの有無はさておき)もまだおられるので一応一縷の望みで自分にできる支援は引き続きしていこうと。
 そんなスタンスです。

*1
去る6月19日の憲政記念館のシンポジウムでの平野さんのご発言。
https://www.youtube.com/watch?v=9ReVnFok3-c
「これでいいのか日本 憲政記念館 2014 06 19」

*2
他党、特に自民党に対してもそうした「公認」をすべしと思っていました。小沢さんが2009年の政権交代時(いやもっと前か)に言っていた、民主党政権樹立は【政権交代可能な二大政党制】のためのまだ第一段階で民主・自民双方とも党内で考え方が割れているから、政策本位で組み直す(石破氏と前原氏は同じ党に、といった)政界再編が必要だ、が念頭に。

*3
例えば、近所の会員で天下の往来・公園や呑み屋などに集まり(会議スペースなど密室は敢えて使わない)周りに聞こえるように政治バナシ(小沢国策捜査の件含め)をし、通行人や居合わせた人へのそれとない啓蒙活動。聞き耳を立ててくれたり話に飛び入りしてくれたらイイなと(反論であっても)。そうならなくても政治バナシをし辛い世間の空気を多少でも変えられないかと。
他には、日本一新の会名で地元の自治体議員や地元選出国会議員(選挙の際は各候補者)に政策や特定の問題についての意見をその都度アンケートし、その回答内容や一新の会の意見・評価などをネットや近隣へのチラシ投函で広める、など。

*4
「竜馬がゆく」で、尊王攘夷たけなわの頃に竜馬は開国を唱えなかった、時期があると。その後攘夷の長州が下関戦争などで一旦壊滅的な状況になってようやく開国に舵を切った、あの感じ。今の日本は世間の大多数の尻に火が着くにはまだまだオマンマ食えて平和なんでしょうね(映画『カシム・ザ・ドリーム』のウガンダの話とかホント凄絶で…戦後の日本に生まれてヨカッタとつくづく思います)。いよいよ火が着いて戦後の焼け野原のように(比喩で済まなくなるかも?)なる前に変革したいものですが。

*5
官僚などは組織に守られ世間的にほぼ匿名でいられて給与の心配もなく各人の仕事(や仕事に必要な勉強)に集中できて担当分野での知識経験もそりゃ深まるわ行政現場からの情報も把握・コントロールできるわなのに対して、政治家は衆目に曝され「選挙落ちれば只の人」の不安定な身分(立候補するにはそれまでの仕事も辞めないとで世襲以外は本当にリスクやハードルが高いと思う)で特定分野だけでなく広い知識見識を求められ地頭の良さや態度の折り目正しさも必要で地元対策・選挙対策に相当時間を割かれおカネの算段まで必要で勉強する時間もなかなか取れず情報収集も個々の議員レベルでは自ずと限界があり、と。ホントハンデあり過ぎ余程の議員でない限り「戦い」にならないと思います。結果国会は法案作成も国会答弁までも殆ど官僚の作文となり、予算委員会とか言っても予算の審議そっちのけで直接関係ない不祥事やスキャンダル(の疑惑)の追及ばかりの映像などを見るにつけ、国民に選ばれた政治家が国権の最高機関たる国会で行政(官僚)司法(裁判所)を監督してますなんて絵空事で、国会は国民に対して官僚や米国やらの動きを目隠しし「民主主義やってま~す」と見せかけるための単なる芝居小屋(脚本・演出:官僚・米国?/出演:政治家)にしか最近見えない。で、それを正そうとすると特捜が国策捜査したり国税が入ったりと。

*6
独立といえば、いっそ岩手なり(或は辺野古の別荘絡みで沖縄とか…)が独立して小沢さんを大統領なぞにしてみたらどうかなぁと以前はよく夢想した。日本の「外」であれば氏を攻撃してきた勢力も手を緩めるだろうと。それで善政を敷いてそれまでネガ報道でアンチだった人々も支持に転じその国に併合希望する自治体が続出し最終的に日本として残るのは永田町霞が関周辺だけ、みたいな(笑)

*7
血縁・昔からの友人知人・ご近所づきあいといった通常の対面の人間関係に加え、遠距離でそれこそ直接面識なくとも思想や価値観で繋がるネットワークがあればいいなぁと。中国の朋友に似た感じ(麻生晴一郎氏「こころ熱く武骨でうざったい中国」を読んで。日本以上に政府や役人を信用できず私的な人脈が命、なんだろうなぁ)。
スポンサーサイト
コメント
No title
> 安倍政権に対し心底コリゴリしないと世間の風向きは変わらないだろうし
「政局だあ…」なんて騒いでいた時代が懐かしいね
政界の生き字引の親分も、立憲政治とか民主主義とか、
より根本的な危機を語ることが多くなってる。
それくらい、根本的な所からターニングポイントを探さないと、
また、特捜とマスコミにつぶされちゃうだろうしね。
積極的投げやり主義と呼びましょう。(笑)
2014/07/02(水) 16:26 | URL | みうら #-[ 編集]
No title
海の向こうも中露あたりがドル基軸通貨体制から足抜けを狙っているらしいとかで、世界的にも(好ましい方向への)ターニングポイントが来ているのならいいなぁと…世界的大変動の煽りで日本の現状の権力構造が吹っ飛ぶような流れにならないかなぁその間我々庶民は衣食住をなんとか確保して嵐の過ぎるのを待ってようっと、的な他力本願な期待もちょとあったりします(^^;)笑
2014/07/02(水) 20:19 | URL | anndue #-[ 編集]
No title
> 衣食住をなんとか確保して嵐の過ぎるのを待ってようっと

幸い、日本は限界集落の宝庫だしって?(笑)
2014/07/03(木) 17:14 | URL | みうら #-[ 編集]
No title
はい、過疎の山間部など地方が脚光を浴びる可能性あるんじゃないですかね~私数年前から農業どころか木の実山菜の採集生活に憧れがあり(笑)行き着くところはやっぱり縄文なんだなぁと。
2014/07/04(金) 11:20 | URL | anndue #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR