「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<anndueの瀉>初書き込み、どうしようか迷い、挙句のコレ(^^;)

 中学時代に親に誘われ杉原泰雄氏の憲法9条講座を聴きに行ったのがたぶん政治的関心の最初だったんだと思います。その後高校時代に、家にあった本多勝一氏(*1)の著書を読み自分が生まれたこの星この世界は何とヒドイところだと絶望し胸が詰まり、天皇制も自衛隊も反対~と左翼イデオロギーにカブれたのですが、大学に入るとバンドにうつつをぬかし勉強って政治って何ですかぁとなり二年留年ののち社会人に。その後普段の生活実感から左派は外野からキレイゴトばかりの印象だなぁとか、皇族の存在はありがたいなぁと感じるようになったりと(*2)「左」から「右」に寄りつつも、政治への関心は相変わらず人並程度(朝日新聞(*3)を読んで満足してるような(笑))でした。

 2009年11月某日に偶然テレビで目にした小沢一郎氏のインタビュー映像。左派崩れのワタシ的には元自民党中枢人物という経歴と、マスコミの例の[政策より政局・剛腕・壊し屋]の刷り込みも相俟って食わず嫌いで氏の姿をじっくり見るのは初めてだった。細川連立政権時の政局を回顧した番組で他人の批判や恨み言もなく淡々と当時を振り返るその姿に、アレッ、マスコミが伝える印象と違い案外イイ人そう、ちょっと本人の言い分も聞いてみようかと近所の図書館で「語る」という本を借りて読み衝撃を受け、これほど多岐にわたる政策をしかも理詰めで自分の言葉で語れる政治家は寧ろ当時の不勉強な自分にとっては初めてだった。
 政局の人だと評価するマスコミ・言論人は氏の政策を知らないのか(情報収集力の欠如)、読んだが理解できないのか(知能教養の欠如)、理解しているが敢えて氏の政策に触れずネガキャンしてるのか(職業倫理の欠如)、いずれにせよこりゃ信用ならんと思うようになり、自分の印象と世間の小沢氏像があまりにかけ離れているのは自分の感性がオカシイのか?とネットを検索したところ同様に氏を支持する人たちがたくさんいること、またマスコミでは得られない政治情報や評論がネットには(玉石混淆で注意は必要なれど)膨大にあることを知り、遅まきながらいろいろ学ばねばと思い、現在に至る(*4)。

 一時期恥ずかしながらいろいろ知った気になりかけましたが(「世の真実」的な…苦笑)、自分が得ている情報も結局自分の価値観に合うようなところから選び都合よく解釈しているだけかも、もっといろんな人の意見を虚心坦懐に聞かなけりゃあと痛感する昨今です(相手を言い負かしたいだけの人とかの相手はちょとイヤですが笑)。
 気が付いたらバカボンのパパの歳を超え、やっと「無知の知」「十有五」程度の私が公の場で書き連ねるのも正直気がひけますが、世のフツーの人々が遠慮なしに政治について実世界やネットで当たり前のようにやり取りし合う世の中になりますようにと願いつつ。


<脚注>
*1 
いま改めて読み返すと共感できない部分多々あるのですが(笑)それでも
【双方の言い分を直接聞くこと】
【いかなる報道・言論も「公平中立、客観的」な立場などありえない】
【戦争が悪なのではなく、侵略(をする側)が悪なのだ】
【(アメリカや中国など)国全体を敵視するのではなく、各国民衆・社会的弱者は仲間と考え権力者とは分けて考えるべき】
といった氏の主張はいまも仰る通りと思います。

*2
今では今上陛下のお人柄を尊敬する私ですが、皇族に敬意を感じるようになったそもそもの発端は思想的なことでは全くなく、近所の古く広い緑豊かなお屋敷が相続の都合か次々と更地になり細分化され画一的に分譲宅地化されるのを見るにつけ、経済合理性に任せるとどんどん緑が失われ、また家柄等の上下のない平等・平均化を突き詰めると似た建物だらけの味気ない風景に行き着くのではないか、と思い(左翼的には「富の再配分」でイイことなのかもしれないが)、自分としては古い屋敷が残り景観が保たれるほうが好ましく、既得権の名残だろうがそうした「名家」が残っていくのはアリ、その究極として都心のど真ん中に皇居の広大な緑を残してくれる皇族の存在はありがたい、と思うようになったことから。

*3
私も、数年前に小沢ネガキャンに唖然・憤慨し朝日から東京新聞に乗り換えたクチです(笑)

*4
今も変わらず小沢氏支持を自分の中でメインに据えていますが、人物的には亀井静香氏や田中康夫氏に寧ろ共感するところ大です。なのでヤッシーへの敬意を込めて僭越ながら本稿を若干「なんクリ」テイストにしてみました(笑)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR