「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<田吾作の声>政党は大局を見失うな(都知事選にあたって)

政党は大局を見失うな(都知事選にあたって)
東京都知事選も終盤だ。前猪瀬知事のお粗末極まる醜態のつけが回ってきた訳だが、彼に史上最大の得票数を与えた都民の低民度が情けない。かって都知事は国政への強い関心を隠さなかった。美濃部候補が時の総理を引き合いにだし「ストップ・ザ・サトウ」と叫んだことが今も鮮明に思い出す。
脱原発をスローガンに出すことに安倍総理は「原発は国政マターだ」とけん制し、自公が推す舛添要一は選挙戦を優位にすすめているという。当面は原発を稼働し将来は原発に依存しないような社会を目指すという曖昧な方針で票をかすめ取ろうとしている。前回に引き続き立候補した宇都宮健児はいち早く出馬声明しただけでなく、細川護輝との候補一本工作も拒否した。余程のことがない限りは舛添有利の情勢は変わらない、これが一般的な情勢だ。
宇都宮の主張は「都政は原発というワンイシューでなく幅広い問題を抱えている。雇用など幅広い政策を自分は持っている」という点に尽きる。しかしその内容は前回選挙で都民によって受け入れ拒否の洗礼を浴びたことも事実だ。裏切られた猪瀬票が宇都宮に回ってくるなどという甘い論理は通じない。率直に言うと共産・社民という勢力への嫌悪感が国民の間に強いしそれは、都議選で第3党へと大躍進した共産党だが獲得票自体は微増に過ぎなかったことが証明している。
細川で気になるのは小泉純一郎の支援だろう。今日の格差社会を作り出した元凶だから拒絶反応は当然でもある。しかし脱原発は将来の国の形を左右する大問題であり中央政治に大きな影響力を持つ都政がその方向を明確にすることの意義は計り知れない。政党の在り方が問われているし、党勢重視の組織論は時代遅れだと指摘したい。
                                  2014.2.1
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、森友問題について
「自身でブログを開設するほどではないけれど、ぜひ物申したい!」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。
よろしくお願い致します。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR