「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<anndueの瀉> 今も「小沢は政治とカネ」と思っている人たちに

 マスコミ報道を見て「あれだけ騒がれてるしオザワは悪い奴なんだろ」というイメージをお持ちの世の方々向けに「お時間取らせません一度お読みください」的な簡潔な解説を書きたいと以前から思いつつ、モノグサで早幾歳…。最近の志位さんとの意気投合ぶりを見て左派の小沢アレルギーも少し緩和したかも?との淡い期待もあり、今更ながら重すぎる腰を上げました(^^;)。

 2009年3月、特捜検察が【西松建設事件】に着手する。
 西松建設がOBにダミーの政治団体を作らせ、小沢氏に迂回献金していた疑いがあるとし(企業からの献金は、政党に対してはOKだが、政治家個人に対してはNGなため)、実質は西松建設からの献金と知りながらダミー団体から貰ったと政治資金収支報告書に「虚偽の」記載をしたのは政治資金規正法違反だ!と小沢氏秘書の大久保隆規氏が逮捕・起訴された。

 そもそも政治資金規正法は、規【制】法ではなく規【正】法で、書き方間違えたら修正申告してくれればOK、程度が本来の趣旨で(所管する総務省に一般の方が直接問い合わせた際も同様の回答だったそう)逮捕までされるのは異様。しかも政権交代が確実視される総選挙間近で、総理になる予定の野党党首を狙うとは。
 なお、この「ダミー団体」から同様に献金を受けていた政治家は寧ろ自民党に沢山いたがお咎めなしで、当時の内閣官房副長官・漆間巌氏(元・警察庁長官!)は、マスコミとのオフレコ懇談で「自民党に及ぶことは絶対ない」と言ったそう。
 小沢氏は会見で「西松建設だと知っていたのなら、党として献金を受け取っていた。党として受け取れば合法なのだから、敢えて違法になる形にして受け取る理由がない」と至極尤もなコメントしたそう。なお政治資金収支報告書に1円単位で全て、公表義務のないもの含め記載した国会議員は、小沢氏と、同じく『国策捜査』に嵌められた鈴木宗男氏の二人だけらしい。

 というそもそも何ソレなハナシなうえ、2010年1月13日の第2回公判では検察側(!)証人の西松建設の元総務部長までが「政治団体は実態がありダミーではなかった」旨の証言をしてしまう。
 窮地に立たされた検察は、なんと2日後の1月15日に小沢事務所の元秘書、大久保隆規・石川知裕・池田光智の3氏を逮捕、新たに【陸山会事件】に着手し「今までの訴えはナーシ、やっぱコッチ」とばかり『訴因変更』という驚くべき禁じ手を使う。 

 この陸山会事件もマスコミでいろいろ報じられましたが、実際に起訴された内容は、脱税や贈収賄・闇献金などではなく(世間の多くがそう勘違いしているのでは)、西松建設事件同様に政治資金収支報告書の「虚偽記載」についてで

 ①陸山会(小沢氏の資金管理団体)による土地購入用に、小沢氏が個人として用立てた4億円の流れ(本人個人と本人政治団体との間の内輪の資金移動にすぎないが…)を、報告書に記載すべき。

 ②土地の取得日を、登記完了日(2005年1月7日)ではなく、売主に代金を支払った仮登記日(2004年10月29日)にすべき(いわゆる「期ズレ」)。

というだけのハナシ…(-_-;)。

 ①については、単なる「預り金」だから記載不要との意見があり(植草一秀センセほか)、また②については登記完了日の記載でOKと会計学の専門家が法廷で証言しています。よしんば間違いだったとしても、本来修正すれば済む話でしょーと。

 ところで、世間的に小沢氏の「政治とカネ」といえば真っ先に【水谷建設からの5000万円の裏献金受領疑惑】ではないでしょうか。検察としてもコッチが主目標で①②はそのための「別件逮捕」だったのでしょうが結局立件・起訴できず「大山鳴動して鼠一匹」な裁判に。しかし検察は「虚偽記載はこの裏献金を隠すためだ」と公判で(立件できなかったクセに性懲りもなく)主張し、マスコミがそれを取り上げる毎度の連係プレー。
 なお、裏金を渡したという水谷建設・川村元社長の証言は、現金授受の場面が非現実的で(ホテルのロビーという公の場所で5000万円もの現金が入った紙袋を秘書に渡し、しかも秘書の顔は覚えていないナンテ)また他の水谷建設関係者(会長や運転手)の証言と照らしても辻褄が合わないなど全く信憑性がなく、川村氏本人が着服したのではという説もある。

 当初起訴されたのは秘書3人のみで、小沢氏本人は嫌疑不十分で不起訴でしたが、とある市民団体(内実はアノ「在特会」の桜井誠氏)が検察審査会に審査申し立てを行い、「強制起訴」される羽目になる(検察審査会は、国民の中からくじで11人が選ばれ検察の仕事ぶりをチェックする。この制度が本来想定しているのは、例えば役人など検察の「身内」の事件で、充分立件可能なのに手心を加え不起訴にしたのでは、といったケースでは?)。なお審査の過程で、田代政弘特捜検事が捜査報告書を小沢氏側に不利な内容に捏造して審査会に事件を説明(し起訴議決に誘導)したという、信じがたい犯罪行為が発覚する。

 公判が進み、こりゃ無罪判決出るでしょ普通…との大方の予想にもかかわらず、東京地裁の登石郁朗判事は明確な根拠がないのに「そういうこともあると推認できる」てなテキトーさで秘書3人に有罪判決を出してしまう。しかも本題ではない水谷建設の裏金疑惑まで「事実認定」する(そしてまたマスコミが飛びつく)始末。さすが第一審の有罪率が99%以上で「日本の刑事司法は中世並み」と国連の会議で言われてしまう国、ニッポン。「国策捜査」だから尚更ですネ。

 そんな異常な裁判でも、小沢氏本人は無罪だった。ヤル気満々の特捜があれだけ強制捜査しても立件できず、強制起訴されて裁判所で審議してもやっぱり無罪なんだから、こんな「真っ白」な政治家他にいる?「説明責任」は勝手に「事件」を作った検察のほうに言ってよねー、というハナシ。

この事件の細かいツッコミどころについて、畏兄みうらさんの論考もご参考までに。
「(2013年夏休み自由研究)ここがヘンでね? 陸山会事件」 http://www.geocities.jp/kgh04043/rzk/

拙文お読みいただき、ありがとうございました!m(_ _)m

スポンサーサイト

<anndueの瀉> 「渡なべ浩一郎と語る会」レポート

 選挙も近づいてきたので、地元(衆院東京19区)でご活動されている生活の党と山本太郎と仲間たちの渡なべ浩一郎さん(ややこしい笑)の集会に行ってみました。

 国政での野党共闘に向け率先して範を垂れるというお考えでしょうか、地域の所謂革新系・市民活動系の方々と交流されているご様子。「市民活動と政治活動の違いは権力を持たずにやるか持ってやるか」フムフム「自分は権力のほう(政治活動)ばかりで市民活動は殆ど経験がなかったのでいま大変勉強になっている」ナルホドぉ。生活者ネットの小川ひろみ元・国立市議(生活者ネットは前回市議選で3人擁立したら票が分散し全員落選、残念でした…)も応援にお越しで渡辺さんの人柄に信頼を寄せているご様子。
 渡辺さん何度か小沢さんについても言及していたが、この人が評価するんだから小沢一郎も信頼できる人なのかも…と左派の方々の小沢アレルギー(食わず嫌い的な…)が解消していくといいなぁ。私自身が左派から小沢シンパになったクチなので尚更。

 参院選東京選挙区では生活の党は候補者立てず社民党の増山麗奈さんを応援するということで増山さんもご来場しご挨拶されていた。過去の「過激」なご活動がアンチから取り沙汰されているが跳ね返して当選してもらいたい。確かに「マジメ」な人たちには刺激・抵抗が強いかもしれないけど今回の立候補が功名心などではなく世の中を変えていきたいという気持ちは伝わるし、優等生タイプは前例のない事態が苦手だったり矢面に立ち批判されることが苦手で失敗しても誤魔化し隠そうとして取り繕いや言い逃れの嘘や責任転嫁して余計に迷惑をかけることが往々にあるので、様々なご経験をされ公の場で自分を曝してご活動されてきた方の肚の据わり方に政治家の資質アリとヲイラは期待してます。選挙の際はビラのポスティング程度はお手伝いできるかな、今度社民党に聞いてみようっと。

 後半のパネルディスカッション(と言いつつ各人のご挨拶程度でほぼ時間切れでしたが^^;)で進行役の元・民主党政策秘書の篠原さんなる方が「消費増税などの民主党政権の公約違反をよしとせず、小沢グループより先に離党し筋を通したのが渡辺さん」と仰っていた。

 今回の会合、ダブル選はなくなったが衆院19区の野党統一候補のことも見据えてのプチ狼煙的な意味合いもあったのでしょうか。ジャーナリスト・社民党の田中稔氏も増山氏も個人としては信義と友情で渡辺さんを応援しますと仰っていたが、現段階では過去の得票実績で末松氏が有力なんだろうなぁ。パネルディスカッションの登壇者も仰っていたが渡辺さんは政治家にありがちなギラギラした立ち振る舞いが全然なく、飾り気なく自然体で誠実な方と思います。派手なパフォーマンスをなさらないので渡辺フィーバー・渡辺旋風といった一気の盛り上がりはなかなか期待できず(恐縮です^^;)今後左派はじめ支持が地道に広がって状況が変わっていくことを期待。

 ホームページ(http://watanabe-koichiro.jp/)を頻繁に更新するとかメール配信などでもっとご活動状況をアピールすればいいのに…と思ったのでじゃ代わりにとご報告した次第でした。

<anndueの瀉>ハロウィンやーよ

 幼稚園児のウチの子供のママ友有志(うちのカミさん含む)が、手作りでハロウィン練り歩きイベントをするのだそうだ。

 自発的な創意工夫の精神は大変よいことだと思うので、ドウゾドウゾ頑張って~子供たちが喜ぶとイイネ~(*^^*)と思う次第ですが、ハロウィン自体は…ワタクシ正直なところ好きじゃありません。

 それにしてもここ数年の急激なハロウィン流行り(渋谷の街中とか特に)は何なのでしょうか。なんか気味悪いです。
 クリスマスやバレンタインのように商業目的での仕掛けとは言われながらも、あの扮装とトリックオアトリートなどというカツアゲ言葉(殴られたくなきゃ財布出せ、と一緒)を聞くにつけ、悪魔への親近感やジャイアン的西洋価値観を刷り込んで(特に幼い子供)、日本を内面から(更に)堕落させようという、3S(Screen、Sport、Sex)政策的な裏テーマがあるんじゃないか?と勘繰ってしまう。考えすぎ?(^^;)

 わざわざケルトのドルイド教とやらのお祭りを極東日本でやっちゃうくらいイベント好きなら、ハロウィンとクリスマスのちょうど真ん中辺の11月23日の新嘗祭なんかももっと流行らせたらどうでしょうか。
 ハロウィンを逆手にとって、子供が町内を練り歩きお年寄りの肩たたきなど簡単なお手伝いをして、お礼に一握りの新米(手間かけられる人は、新米のおにぎりでも)を頂く、とか。脅しによって物をせしめるのではなく、他者への親切・貢献とそのお礼というかたち。
 これはこれで子供に労役を刷り込むみたいでイヤ、であれば、親子で練り歩いて親がお手伝いをして、そのお返しを子供が受け取るのでもアリかなと(こちらのほうが、1対1のやりとりで完結せずに世代を超えて互酬が連鎖・循環していくようなイメージでイイかも)。
 お米・おにぎりなら、お菓子よりも体にイイし、土用の丑の日にウナギを食べるとかよりも安価ですし。

 保守を自任する方々には、ご賛同いただけるんではないでしょうか。「日本会議」などの組織力で、ぜひお願いします!って冗談ですスミマセン。
 但し、新嘗祭が宮中祭祀だからといって(明治以降に作られた)国家神道万歳!ではなく、もっと古くからの稲作に根ざした儀礼・伝統というところに重点を起きたいですし、もっと言うと稲作は弥生というイメージですが更に縄文にまで遡って共生と循環の思想を敷衍できないか…。
 また農耕つながりで、安藤昌益や二宮尊徳の教えにスポットを当てることによって(クリスマスのサンタさんのようにシンボルキャラクター化する?笑)、西洋の独善的な価値観、新自由主義・グローバル主義・金融資本主義に「何かおかしいな」と思えるような人心を涵養できないか…。

・・・などと、妄想する次第です(^^;)おしまい

<anndueの瀉>「原発じゃんきー」

当ブログのみうらさん作の楽曲「原発じゃんきー」です。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24686676

ご自身が大っぴらに言わないので代わりに紹介してしまいました(笑)

ワタシ的には凄くツボで
思わずツイッターでいろんな人に不躾に紹介しまくってしまった程ですが(笑)
ぜひいろんな人に聴いてほしい!
フライングダッチマンのヒューマンエラーの懇切丁寧な長尺の説明もスゴイと思いましたが
コチラは3分半の中に推進派の妄言含め要点が過不足なく盛り込まれてるなぁと感心。

みうらさん曰く反原発派の真面目な方々には寧ろ受けが悪いかもと。
確かに「茶化し」の雰囲気を纏っているので
上っ面で判断されてしまうとそうかもなぁとも思うのですが
ワタシには寧ろその行間、根底にある思い・怒りがビシビシ伝わってきます。
事故の収束の目処が未だ立たず時間ばかりが経ち
日々の生活に追われ、他の政治状況もお粗末さ満載で原発問題に集中し辛く
危機感や怒りが風化していきそうな中で
原発を止めるためなら何でもしたいと仰り
この画像にあるように関連記事をスクラップして心に留め続ける
みうらさんの人となりを知っているからかもしれません。


スザンヌ・ベガがアップテンポで爽やかに「ルカ」を歌ったような

ジョンレノンがメジャーコードで淡々と「My Mummy's Dead」を弾き語ったような

宮沢賢治が「眼にて云ふ」を詠んだような


そんな切なさがある曲だと思います。

偽悪的という面では、黒魔術ギミックバンドのブラックサバスのWar Pigsが
今で言うところの「軍産複合体」的な輩への痛烈な批判だったりする、のと近いか。


…ってホメ過ぎハードル上げ過ぎ?(^^;)恐縮です(笑)>みうらさん








<anndueの瀉>「維新の会じゃございません、一新の会です」(*1)

 民主党政権時代、アノ忌まわしき菅仙石岡田前原枝野安住らが政権奪取の功労者小沢さんへの国策捜査に乗じ党内クーデターで実権を握っていた頃。小沢さんが党に留まっている以上は(将来の復権の可能性鑑み)民主党を応援するしかないが、自分が党員登録したり選挙で民主党候補を応援するのはクーデター組を利するようで癪だなぁと思っていた時に日本一新の会の存在を知った。同会が民主党の外側から現職議員や候補者のうち小沢寄りの人を「公認」することで(*2)クーデター組への支持との峻別・差別化を図れたりしないかと夢想したのが入会のきっかけでした。

 その後「国民の生活が第一」が結党されたのでそうした懸念もなくなったのですが、衆参選挙で生活の党(及びオリーブを期待された諸党)は惨敗。さぁてどうしよう非力な自分に何ができるかとアレコレ考えたりした時期もあったのですが(*3)、安倍政権に対し心底コリゴリしないと世間の風向きは変わらいだろうし安倍様におかれましては政治生命の搾りかす一滴さえも残さず「実力」を思う存分発揮してもらうのが寧ろいいかなぁと今は半分諦めというか開き直りというかケセラセラというか、な心境です(*4)。

 そもそも日本の現状の政治制度そのもの(制度自体というより官僚主義・人治主義的な「運用」の部分か)への諦観が最近とみに強く、永田町や霞が関を変えていくために政治家や政党等に働きかけていくといった本道の政治活動に実は殆ど期待していないのが率直なところです(*5)。
 寧ろこちらから政治を「シカト」すると言うか、(拙稿「おカネ雑感」 http://nipponissintama.blog.fc2.com/blog-entry-366.html と若干カブりますが)国のおカネを我々庶民(所謂「99%」)に回してくれなくて大いに結構、庶民同士の繋がり(それこそ「自立と共生」)でおカミとおカネ抜きで生活成り立たせます、だから税金も殆ど払えません、そちらはお役人の知恵でやりくりして国家運営ゴッコを内輪でどうぞご勝手に、という感じで日本の国土にいながらにして永田町霞が関界隈から「独立」すると言うか(*6) 国が棄民するならこっちから棄「国」してやらァ的な方向に行くほうがまだ近道なんじゃないかとさえ思う始末です。

 なので、日本一新の会が今後「公」の政治を変え得るような動き(の一助)をできるのが勿論最善ですが、それが叶わずともワタシ的には会員やその周辺の「私」の繋がりが広まればそれだけでも十分、とユルく考えてしまっています(*7)。気合いの足りない会員で恐縮ですが…(^^;)
 その上で、小沢さんや亀井さんや鈴木ムネさん、ヤッシーはじめ尊敬できる政治家(バッジの有無はさておき)もまだおられるので一応一縷の望みで自分にできる支援は引き続きしていこうと。
 そんなスタンスです。

*1
去る6月19日の憲政記念館のシンポジウムでの平野さんのご発言。
https://www.youtube.com/watch?v=9ReVnFok3-c
「これでいいのか日本 憲政記念館 2014 06 19」

*2
他党、特に自民党に対してもそうした「公認」をすべしと思っていました。小沢さんが2009年の政権交代時(いやもっと前か)に言っていた、民主党政権樹立は【政権交代可能な二大政党制】のためのまだ第一段階で民主・自民双方とも党内で考え方が割れているから、政策本位で組み直す(石破氏と前原氏は同じ党に、といった)政界再編が必要だ、が念頭に。

*3
例えば、近所の会員で天下の往来・公園や呑み屋などに集まり(会議スペースなど密室は敢えて使わない)周りに聞こえるように政治バナシ(小沢国策捜査の件含め)をし、通行人や居合わせた人へのそれとない啓蒙活動。聞き耳を立ててくれたり話に飛び入りしてくれたらイイなと(反論であっても)。そうならなくても政治バナシをし辛い世間の空気を多少でも変えられないかと。
他には、日本一新の会名で地元の自治体議員や地元選出国会議員(選挙の際は各候補者)に政策や特定の問題についての意見をその都度アンケートし、その回答内容や一新の会の意見・評価などをネットや近隣へのチラシ投函で広める、など。

*4
「竜馬がゆく」で、尊王攘夷たけなわの頃に竜馬は開国を唱えなかった、時期があると。その後攘夷の長州が下関戦争などで一旦壊滅的な状況になってようやく開国に舵を切った、あの感じ。今の日本は世間の大多数の尻に火が着くにはまだまだオマンマ食えて平和なんでしょうね(映画『カシム・ザ・ドリーム』のウガンダの話とかホント凄絶で…戦後の日本に生まれてヨカッタとつくづく思います)。いよいよ火が着いて戦後の焼け野原のように(比喩で済まなくなるかも?)なる前に変革したいものですが。

*5
官僚などは組織に守られ世間的にほぼ匿名でいられて給与の心配もなく各人の仕事(や仕事に必要な勉強)に集中できて担当分野での知識経験もそりゃ深まるわ行政現場からの情報も把握・コントロールできるわなのに対して、政治家は衆目に曝され「選挙落ちれば只の人」の不安定な身分(立候補するにはそれまでの仕事も辞めないとで世襲以外は本当にリスクやハードルが高いと思う)で特定分野だけでなく広い知識見識を求められ地頭の良さや態度の折り目正しさも必要で地元対策・選挙対策に相当時間を割かれおカネの算段まで必要で勉強する時間もなかなか取れず情報収集も個々の議員レベルでは自ずと限界があり、と。ホントハンデあり過ぎ余程の議員でない限り「戦い」にならないと思います。結果国会は法案作成も国会答弁までも殆ど官僚の作文となり、予算委員会とか言っても予算の審議そっちのけで直接関係ない不祥事やスキャンダル(の疑惑)の追及ばかりの映像などを見るにつけ、国民に選ばれた政治家が国権の最高機関たる国会で行政(官僚)司法(裁判所)を監督してますなんて絵空事で、国会は国民に対して官僚や米国やらの動きを目隠しし「民主主義やってま~す」と見せかけるための単なる芝居小屋(脚本・演出:官僚・米国?/出演:政治家)にしか最近見えない。で、それを正そうとすると特捜が国策捜査したり国税が入ったりと。

*6
独立といえば、いっそ岩手なり(或は辺野古の別荘絡みで沖縄とか…)が独立して小沢さんを大統領なぞにしてみたらどうかなぁと以前はよく夢想した。日本の「外」であれば氏を攻撃してきた勢力も手を緩めるだろうと。それで善政を敷いてそれまでネガ報道でアンチだった人々も支持に転じその国に併合希望する自治体が続出し最終的に日本として残るのは永田町霞が関周辺だけ、みたいな(笑)

*7
血縁・昔からの友人知人・ご近所づきあいといった通常の対面の人間関係に加え、遠距離でそれこそ直接面識なくとも思想や価値観で繋がるネットワークがあればいいなぁと。中国の朋友に似た感じ(麻生晴一郎氏「こころ熱く武骨でうざったい中国」を読んで。日本以上に政府や役人を信用できず私的な人脈が命、なんだろうなぁ)。
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、安保法案成立に伴い「平時はブログを開設するほどではないけれど、今回だけは黙っていられない」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。よろしくお願いします。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR