「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について多摩地区で議論する広場」

<みうらのま> 森友学園ー見るものが見られるものへ

 ご多分に漏れず、森友学園問題をウォッチしている。
 厳密に言えば、森友学園問題を通して、「メディアを」ウォッチしている。

 「ネットでここまで騒がれているのに、なぜ、テレビでは取り上げない?」といった声が高まる中、最初に放送したのがテレ東だったというのは愉快だった。
 その後、恐る恐る、ぽつりぽつりとニュース番組が取り上げ始め、視聴率が取れるとみるや、ワイドショウのメディア・スクラムが始まった。
 しかし、よく見ると放送時間は増えたが情報量はそれほどでもなく、問題は矮小化され、コメンテーターは切り離されたトカゲの尻尾と戯れるような具合になっていった。
 ところが、ニュースソースのほとんどを菅野氏に独占され、彼がツイッターを通じてネタを小出しにして情報をコントロールしたことにより、メディアは篭池劇場の政界への延焼を防ぐことに失敗、続いて氏を怪しい人として菅野劇場化する演出にも失敗した。

 通常、メディアが見た「事実」が市民に伝えられる構図が、奇しくも菅野氏のツイートにより、メディアが「事実」を作り出す工程そのものが市民に開陳され、メガネのレンズの汚れを見るように、見るものが見られるものに転換した。この三角測量のような機会を与えてくれた菅野氏に感謝、感謝。

 この構図が生み出した擁護するものすべてをアホに変えてしまう森友学園問題に、火中の栗を拾う田崎スシローや池田信夫はじめ、塚本幼稚園を推薦してきた日本会議の文化人達の忠義心もへったくれもない逃げ口上など、豪華バイキング料理のような1ヶ月ではあったが、いよいよ、明日、籠池氏が国会に登場。

 「民間人を国会に呼ぶのは」なんて抵抗してた連中が、籠池氏が安倍昭恵氏の学園寄付に触れた途端、掌返し。主演の役人や知事の国会招致も、参考人招致もすっとばして、瞬く間に証人喚問が決まった。この経緯からみて、与党はなりふり構わず、味噌樽ズボンを仕込んででも、偽証罪をでっちあげて公開処刑を実行、阿吽の呼吸でメディアは「第2の永田メール事件」と騒ぎ、国有地と設置認可の疑惑を籠池氏に背負わせたまま、闇に葬るつもりだろう。追い込まれたフリージャーナリストが失踪なんてオマケさえつくかもしれない。
 そうなればこの国で、メディアは二度と飼い犬の手を噛むことはなくなり、検察は沈黙し続け、司法は腐り、北朝鮮のような監視国家になってしまう。

 大袈裟に感じる人もいるかもしれない。そうあってほしい。悪い夢は話したほうが現実化しない、悪魔は名前を呼ばれたら消え去る、そう思って縁起でもないことを書いてみた。
 皮肉と魂を込めて言う。皇国の興廃この一戦にあり。
 暴れるトカゲの尻尾をトカゲ本体が軍靴で踏み潰すような籠池劇場の幕引きを許さずに、きっちり、大阪府と財務省の疑惑を暴き、願わくば、でんでん劇場の終演につなげてほしい。

スポンサーサイト

<みうらのま> 酔払うとなくなる記憶について

 酔払うと記憶がなくなる。
 当出張所の面々も同様で、今年の新年会の翌日には反省して「次回の集まりはアルコール抜きでね」と固く誓いあった。
 「権力に対する人間の闘いは、忘却に対する記憶の闘い」ともいう。こんなことでは「日本一新の会」の看板が泣いてしまう。

 とくに私の場合、話した記憶はあるのに誰に話したかは憶えていない、ということも多い。「話したい」が先にあり、相手なんて誰でもいいとでもいうのか。自分本性が知れるようで、ほんとに恥ずかしい。

 もっとも、酔わなくても記憶力は減退の一途を転げ落ちている。
 しかし、年齢を理由にはしたくない。平野妙観の顔が浮かぶからだ。
 もちろん、アルコールのせいにもしたくない。禁酒を勧められるからだ。

 そこで思いつくのがネット検索。
 ワープロが普及し始めた頃、「漢字が書けなくなった」というオジサマの嘆きを多く耳にした。ネット検索が普及した今、固有名詞を脳ミソから引っ張り出す能力の低下は多くの人に見られる傾向なのではないか。
 飲み屋の会話でも、「えーと、なんつったっけ、あの女優は…」などといって、スマホが登場する機会が増えた。ガラケーの時代なら「忘れる程度のことなら、話題として持ち出すな」という場面ではあるが、関心が高くても固有名詞を記憶しているとは限らないのだから、仕方がない。


 書店で買い求め、読了した直後でも、著者の名前を憶えているとは限らない私などはきっと、ネット社会の最先端で病んでいるのだ。老化やお酒のせいではなく。

<みうらのま> プレミアムな方々によるプレミアムフライデー

 富の再分配は、人類始まって以来、政治の第一義であるが、近代国家においては、司祭と政府が、祭りが行政から、分離独立している、と大学の頃、本で読んだ記憶があります。

 行政の埒外、天下御免でストレス発散することを許される祭りが、民衆を結びつける力になり、やがてそれが、御上に対する民衆の示威行為になっていくのは自然のなりゆきかも、と実感したのが、一昨年、日本一新の会・日田市研修のあとに先輩が案内してくれた、博多と飯塚の山笠でありました。

 といっても、祭りが社会転覆を志向している、とかいう剣呑な話ではなくて、民衆の潜在的エネルギーの誇示は、行政に対する「しっかり仕事をせねば、アレがこっちへ向かってくる(汗)」という圧力になっていて、総体としては社会を安定させるパーツとして機能していた、という考えです。

 そして現代、祭りを失った人達は、生演奏を聞いたり、飲み屋で騒いだりして、ストレスを発散するわけですが、「プレミアム・フライデー」とかいう、御上の掛け声で経済を活性化させようという考え方に私が反感を禁じ得ないのは、ひとえにそれが官製祭りだから、なのであります。

 絶滅の危機に瀕する中間層の可処分所得を遊興費に投じさせるような消費行動を誘起する政策に、「プレミアム・フライデー」と名付けてしまうセンスは、ナチスの「シャワー室」にも通じる事務的作為を感じてしまうのです。

 どうせなら、三社祭の間、浅草では消費税0%!とかのほうが、
 「そりゃ、景気が良いや、ぱーっとやろう、ぱーっと!」
 といった空気が醸成されたりするのではないかしらん。



<みうらのま> 埃っぽいステーキ

 30年近く前の話。
 IT土方にありがちなデスマーチと化したプロジェクトで、私は毎晩、先輩と社長室に寝袋で寝泊まりをしていた。
 ある日、エアコンが壊れて寒さに凍えなから目覚め、そのまま仕事をしていると、社長に呼び出され、先に入室していた先輩と一緒に「エアコンを壊した」と社長が並べる小言を朦朧としたアタマで聞いていた記憶がある。

 そんなことを思い出したのは「南スーダンでPKO活動をする自衛隊の部隊の活動記録に、今後『戦闘』を使う際は注意するよう統合幕僚長が指示した」という記事が気になっているからだ。

 戦闘が目の前で起きている現場へ、温泉みたいにヌルい場所から日誌に使う用語を注意されて、どんな聖人君子なら素直に従えるというのか。
 彼ら自身が「戦闘」と呼んだその場所から、帰国してほしくない政治家や役人が、「憲法に違反しないよう『武力衝突』という言葉を使うように」だってさ。
 「ふざけんな」てのが感情を持つ人間の正常な反応ではないか。
 「暴走した関東軍」てやつも、現場にはそんな気持ちが充満してたのかも、と想像してみる。

 デスマーチは1ヶ月後、現場を厚木の工場に移し、私の残業時間は230時間を記録して、会社の黒い金字塔になった。
 社長は昼になると遥々、東京からやってきて、まだ半醒半睡状態の私をBMWに乗せ、スシやステーキを食いに連れ出した。
 「この場所(国会)から心からの敬意を表わ」された自衛隊員の皆さんが味わった拍手は、あんなふうに、苦く埃っぽい味がしたのではないかしらん。

<みうらのま> 二極化する美女とネトウヨ化する中間層

 私が育った40年前の京浜地区では、美女は中学校でケバイ娘に進化して、十代で子供を産むことになっていた。
 例外がないとは言わないから、とりあえず、聞いて欲しい。
 美女は十代で子供を産みヤンママとなり、二十代前半で離婚して、水商売をしながら子供にじゅうぶんな愛情をそそぐ余裕もなく三十代を駆け抜けていく。
 愛情不足で成長した美女の娘は、やはり美女なので、愛情と性欲の区別もつかないまま、前述のルートをたどり、蒲田や川崎のサービス業を支える労働力となる。
 彼の地では、こうして薄幸の美少女と貧困がセットになって再生産されていた。

 先日、山口 真由という弁護士がテレビに出ているのを見て、ため息まじりに、つぶやいた。
 「天は二物を与えず、なんてのは・・・嘘だな」
 それを聞いたカミさんが、
 「あたりまえじゃないの、そんなこともわからないの?」と呆れたように、くさす。
 その指摘は、天の不公正や諺の欺瞞性に向けられたものではない。「え、なんで?」と問うた瞬間、彼女の冷徹な現実認識に思い至り、慄然とした。
 そうなのだ。高学歴の男は、モデルのような美女を嫁にもらい、高学歴と美貌がセットになって再生産されていたのだ。

 もしも私が生まれ故郷の京浜地区を出ること無く、北千住という下町で十数年を過ごすこともなく、今の文教地区に十数年を暮らすことがなければ、この構造をビビットに受け止めることは、できなかったかもしれない。だから、以下はひとつの仮説として、読んで頂きたい。

 上記、2つの事例は、美女の二極化を示している。
 美女が二極化すれば、中間層は「会いに行けるアイドル」の尻でも追いかけているより、ほかははないだろう。
 この救いのない現実にブチ切れた青少年や壮青年の思考や行動がヤンキーのそれに相似するのに不思議はない。しかし、早めのドロップアウトにより思春期限定のアウトロー的価値をテコに薄幸の美女を獲得する豪胆さがあれば、はなから衰退する中間層にしがみついていたりはしないはず。そこで、そんな彼らが活躍と発散の場をネット空間に求めたことにより、大量発生したのが、いわゆる「ネトウヨ」なのではなかろーか。
プロフィール

日本一新の会 (多摩出張所)

Author:日本一新の会 (多摩出張所)
<特別寄稿を募集致します>
当出張所では、安保法案成立に伴い「平時はブログを開設するほどではないけれど、今回だけは黙っていられない」というあなた様の原稿を
tama.nipponissin@gmail.com にてお待ちしています。報酬はございませんが、必ず(明白な悪意や公序良俗に反する場合を除き)掲載させて頂きます。よろしくお願いします。

田吾作、みうら、anndue

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR